手造りくつした達
Text Size :  A A A
|  News     Diary     Mobile     Gallery     Gallery2     Gallery3     Shop     Bbs     Link     Help     Contact  |

●5本指はないのですか?

5本指のくつした。
え〜、5本指の靴下は当初、【軍手】の機械の改造機でした。
始めはかかとがなく寸胴のもの、
機械に改良が加えられ今はそれ専用機もあり
かかともあり、柄も多種になりました。
基本的にくつした【元々のもの】と【5本指】はまったくシステムが違います。
くつした ・・・・・メーク、ゴム、ボディー、かかとつま先、フック、と別々に度目調整が付いているので、足の形にあむことが出来る。
5本指・・・・・・指を5本編むことが出来るが、度目調整はついていない。
ここが、大きく違う所。

で、工房では5本指のくつしたは編めません。機械が違うので。

短いくつしたはないのですか?

スニーカーソックスやカバータイプ
このくつしたは工房では作りません。
理由は、くつした本来の目的を満たさないからです。
スニーカーやカバーは元々くつしたカバーだったんです。
スリッパがあまり普及していないころ、くつしたの上にはくくつした。
アンクレットとか、くつしたカバーとか・・・
で、テニスソックスとして開発されていったんです。
アシックスさんの赤いチッパー入りのテニスソックスを作りました。
総パイルでしたね、、
なので、ファッションなんです。

それから、踝の指3本上のところに冷えのツボがあってそこを隠さないと
くつしたを履いていても暖かさなどはたもたれないのです、夏場も足は冷えますから、夏の冷えが秋冬に溜まって、体がだるくなるんですよ、
そこを隠す長さのくつしたをつくっています。


工房では以上の事柄から短いくつしたは作りません。