手造りくつした達
Text Size :  A A A
|  News     Diary     Mobile     Gallery     Gallery2     Gallery3     Shop     Bbs     Link     Help     Contact  |

●針たち。。

Img_2e4d4d5a79a51f61647f8f78fedb03e5
ちっちゃいね。
これが、36G、KSCE仕様のグロッツの針。
こんなのが、144本とか、びっちり入ってます。
針は、ドイツ製、グロッツさんはドイツの会社。
ニットやくつした、その他このての針はみんなここ。
私が覚えているかぎり、日本も数社針は作っていたんだ。
父の所に試作がよくきていた。。
色々な試作が来ていたみたい。
そ、針ね。これが折れるの、よく。
糸のねばりや、湿度で、、
値上がりして、高くなったし。。
緻密なかたまりです。くつしたの機械。
だからおもしろいのですが。。

●編み方を説明します。

Img_71df70a7d2e123b263adc54c985ac384
こんなことかな。
【空気を入れて編む】ということ。
ゆっくり、編むんです。テンションをかけないです。
業界の人達むけだと、インバーターで回転を落とします。
かなり遅い、25センチクルーで、1H/8本
採算を考えるとだめ、はきやすいことの追求と、
洗濯後の縮みを考えて編む。
スパンテックスという伸びのある化学繊維が出てきてから
くつしたは伸びるようになったんだよ。
以前はくつしたは伸びないものでした。
だから縮むの。洗濯をするとね、
買ったときにちょうどいいくつしたは詰るのよね。